交通事故での不服

~交通事故で不服があればフリーダイヤルで相談する~

もし、交通事故の過失割合で不服があればフリーダイヤルで相談することも考えましょう。実際に交通事故を起こした当事者たちの言い分から過失割合を決めるのですが、どうしても納得できないのにもかかわらす、警察や保険会社が応じてくれない場合はフリーダイヤルで相談することができます。交通事故に限らず人間が判断することである以上、感情で流されることも否定できないのです。
冷静に第三者の目から見たらどうなのかという意見も聞いてみたくなるでしょう。見た目や雰囲気で過失割合を決められては困ります。そういうことのないように、納得いかない場合は異議申し立てができるように様々な機関があるのです。決して言ったことで状況が覆るとは言えませんが、少なくても自分が納得いかない部分が晴れるのではないでしょうか。交通事故の被害者と加害者、どちらも心に傷を負っています。少しでも相談をすることによって気持ちが穏やかになればいいですね。

~相続放棄を考える交通事故の賠償金~

自動車を所有して運転をする方の多くは、任意加入の自動車保険に入っていることが一般的です。そのため万が一の交通事故を起こしてしまった場合でも、通常では保険で補償されることになります。しかし、任意加入の自動車保険に加入していない方や、加入していても補償内容が十分ではない状態ならば、交通事故を起こしてしまった場合では、賠償金の支払いに不具合が生じてしまうこともあります。いわゆる強制加入保険の場合では対人賠償しか補償されず、尚且つ補償限度額は最低限必要とされている額面に設定されています。そのため交通事故の内容によっては保険で賄うことが困難な状況に陥ってしまう方も存在しています。例えば人身事故を起こしてしまい、賠償額が数千万円単位で保険からの補償額から不足してしまっている場合や、物損事故の場合でも任意加入保険に入っていない方の場合では、多額の借金を背負ってしまうこともあります。身内の事故の場合では後に相続放棄を考える必要が出てきてしまうために、しっかりとした補償内容の保険に加入することが何よりお勧めになります。

Copyright© 2014 交通事故が一生の深手にならないために All Rights Reserved.