示談と診断書について

~交通事故の診断書を提出~

交通事故の被害者になったときには診断書が必要になります。これも医師によるきちんとした診断書がなければいけません。診断書を作成してもらうのには少々お金がかかりますが、これも含めてすべて交通事故の加害者に請求することができます。なぜ必要なのかというと正常に医療費を請求するためです。書類などに請求できないのです。
また単独で交通事故を起こしてしまったときにもこれは必要になります。
単独事故でも保険会社に保険金を請求できる場合もあるからです。その場合には保険会社のほに診断の書類を渡さなければいけません。
どこの医療機関であっても問題なく作成してくれます。また損害保険の場合は、診断の書類を提出したのにも関わらず保険金の適応が認められなかった場合には診断の書類を作成にかかった費用を返してくれるというサービスをしてることもあります。自分が動ける状態ではなく、書類を提出できない場合は家族がかわりに出してあげられます。

~交通事故の示談と過失相殺~

交通事故の場合、停車中の車両に後方から追突するなどの過失割合が100:0の内容になるものはそれほど多くありません。
通常は、いくらかの過失割合が双方に発生しますので、示談の時には過失相殺を提案されます。過失相殺とは、交通事故の過失割合に応じて賠償金や慰謝料を相殺する手続きのことで、例えば過失割合が8:2であった場合、本来交通事故で支払うべき示談金のうち8割を支払うということになります。保険会社としては、支払う和解金額が少なくなりますので、過失割合について主張してくる内容が被害者側と折り合いがつかないケースも多く、通常は判例を元に、事故ごとの状況も加味して判断しますが、どうしても決着がつかない場合には、裁判所に訴訟を提起するというケースもあります。
弁護士費用を補償する特約が登場していることもあり、結果的に損害賠償金や慰謝料の金額にも大きな影響を与えますので、近頃では訴訟まで行くケースも非常に多くなっています。

Copyright© 2014 交通事故が一生の深手にならないために All Rights Reserved.