交通事故の取り調べ

~重大な交通事故は取り調べがある~

重大な交通事故の場合は取り調べを行うために警察署に身柄を引き渡されることがあります。もちろん、交通事故現場から直接連行されることもありますが、後日出頭命令や、警察官が家に来ることも考えられます。いずれにしても取り調べをする場合は交通違反があったと考えられるので、正直に罪を償うようにしなければなりません、。相手を死傷させた場合はほとんどの場合この取り調べは行われます。ドラマのような取調室とは違い、交通の担当の人が行うこともあり、警察官が普通に働いているところで話を聞くというケースもあります。しかし、悪質な場合は刑事事件に発展するため、交通事故といえども狭い部屋で事情を聞かれることになり、さらには証拠として、指紋を撮られて写真も撮られるということも行われます。刑の重さがどれくらいになるかに関わらず、念のためという意味も込めて指紋をとられたりしますが、犯罪者と同じ気持ちになることが多いのであらためて罪を感じます。

~無保険の場合の交通事故の交渉について~

交通事故を起こすと、多くの場合は加害者に賠償がされますが、その賠償は保険でまかなわれることが多いものです。
すべてのドライバーは自賠責保険に加入しており、さらにより補償を充実させるために任意の保険にも加入していることが多いものです。そして自賠責でまかないきれない分は任意保険で支払われることとなります。
でも、時には相手が無保険という場合もあり、こうした場合交渉はとても難しくなってしまいます。
通常は無保険は考えられないのですが、車検が切れた車にそのまま運転していた場合などは自賠責保険すら入っていないこともあるものです。
こうした場合の交通事故の交渉は個人では難しくなりますので、やはり交通事故などの法律に詳しい弁護士など法律の専門家に相談することがおすすめです。
交通事故が起きた場合の治療関係の補償については、相手が無保険であっても請求することができますので、まずは専門家に相談し、スムーズな解決をはかっていきたいものです。

Copyright© 2014 交通事故が一生の深手にならないために All Rights Reserved.