交通事故示談の色々

~交通事故の示談が長引くときは~

交通事故を起こした時、示談金の支払いは、被害者のケガの状態がはっきりして、症状固定となってからとなります。これは、交通事故による後遺症などの状態により、支払われる金額が異なってくるためですが、被害者側としては事故の直後はショックで気が動転していることもあり、あまり痛みを感じなかったものの、数日経過したころから急に強い痛みを感じたり、違和感を感じるようになることもあります。中には、数ヵ月後に痛みを感じることもあります。そのため、できれば何度か受診してきちんと確認したいと考えるものですが、示談が長引くのを保険会社は嫌う傾向にあるため、ある程度期間が過ぎたらかなり頻繁に督促してきます。特に症状が重い場合には、交通事故に詳しい弁護士に相談して、間に入ってもらい、納得いくまで受診することが良い場合もあります。事故によるケガの中には特殊な検査をしなければ気づかないものもありますので、後悔しないようにきちんと調べてもらいましょう。

~交通事故に関する領収書は示談で必要~

交通事故によって加害者側が被害者に支払うのは、交通事故によって直接蒙った、車両や相手に対する損害賠償金や慰謝料だけではありません。例えば、車が使えなくなることによる代車の費用やタクシーなどの移動費、病院で受診した治療費なども示談によって支払われます。そのため、交通事故の被害者側は、今回の事故で別途支払いが必要になったこれらの費用について、きちんと領収書を発行してもらう必要があります。こういった費用は概算ではなく、実際にかかった実費としてその金額を支払われますので、領収書を保管していなければ支払われないケースもあります。また、交通事故が起こって保険会社から連絡があったときには、どういった費用が賠償の対象になるのかをきちんと確認しておき、立て替えて支払っても良いのか、保険会社から直接、各所へ支払われるのかを尋ねておきましょう。すぐに連絡が取れるように、保険会社の担当者の連絡先も聞いておくとよいでしょう。

Copyright© 2014 交通事故が一生の深手にならないために All Rights Reserved.